箕面市外院バス停前にある患者様にとっての最善を考える歯科医院|徳岡デンタルクリニック

箕面市の外院バス停前にある歯科医院です。元気になる入れ歯を作ります。訪問診療致します。

HOME ≫ 虫歯治療 ≫

虫歯治療

徳岡デンタルクリニック式の虫歯治療~なるべく削らない治療~

当院では、 MI(ミニマムインターベンション)治療(できるだけ歯を削らないで、歯質を残す治療方法)を行っております。

1970年代に東京医科歯科大学名誉教授の総山孝雄氏が歯に強く接着する合成樹脂材(レジン)の開発を世界に先駆けて指導。虫歯を最小限に削ってそれを詰めるだけの無痛治療に道を開きました。

 虫歯では、虫歯菌にやられたウ蝕象牙質は2層に分かれており、第1層は象牙質が破壊されており虫歯菌が沢山います。第2層は透明象牙質と呼ばれ、硬くて虫歯菌がいません。ですから、第1層だけ削ってつめれば良いのです。
 40年経って、スウェーデンで開発されたカリソルブで虫歯の第1層のみを殺菌しながら削る方法が開発されました。また、詰め物の合成樹脂材が進歩をとげ物性的に治療基準に達してきました。

 当院では、カリソルブでムシ歯の第一層を溶かして削り、さらに必要なときにはオゾンで念入りに殺菌し、重合収縮率0.85%の高品質合成樹脂材(レジン)で詰めるムシ歯治療をしています。(通常のレジン重合収縮率は2-4%)
 

 器具が入らないところは、仕方なしに削る場合もありますが、MIの治療では自然と麻酔の必要がなくなります。歯を削ることを最小限に抑え,最新式のレジンやセメントで修復します。

ただし、昔は麻酔していたものも、逆に麻酔をしないで削ったりしますので、神経近くになってきたら、かえって余計に痛くなるかもしれません。自然の流れ、必要な流れに応じて治療を行ってゆくのが徳岡デンタルクリニック式の虫歯治療です。

しかし、修復処置のみで治療が終了するというものではなく、治療後も再発防止の管理が必要です。
早期発見、早期治療と更なる予防措置つまり口腔ケアがキーポイントになってきます。

■当院が考えるメンテナンスの重要性についてはこちら>>

なるべく削らない治療をするための虫歯治療専用設備

虫歯の早期発見を可能とするダイアグノデント

院長の考え方に基づく治療方法について

ダイアグノデントは、半導体レーザーを歯面に当てることで、虫歯による歯質変化を早期の段階で認識して数値化することにより、虫歯の程度を把握できるようにした診断機器です。

当院では、ダイアグノデントを虫歯の診断に用いて、虫歯の部分のみをピンポイントで切削して治療します。
 

ダイアグノデントと併用して使用するヒールオゾン

院長の考え方に基づく治療方法について

ダイアグノデントとこのヒールオゾンを併用すれば、ほとんどの症例が麻酔なしで治療できます。

また当院では、深さが2mm以下の小さな虫歯はダイアグノデントとの併用により歯を削らずに予防措置と経過観察で対処しております。

徳岡デンタルクリニック 072-749-0501

モバイルサイト

徳岡デンタルクリニックスマホサイトQRコード

徳岡デンタルクリニックモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

徳岡デンタルクリニック 072-749-0501