箕面市外院バス停前にある患者様にとっての最善を考える歯科医院|徳岡デンタルクリニック

箕面市の外院バス停前にある歯科医院です。元気になる入れ歯を作ります。訪問診療致します。

HOME ≫ デンタル情報 ≫

Think White別巻-デンタル情報

虫歯菌、脳出血にも関与:炎症起こし止血阻害-産経

0000349060.jpg
   100年程前にWeston Price博士が25年近く研究した虫歯や歯周病が全身に重篤な疾患を起こしたり悪化させるという事実が、今になってようやく証明されてきました。心疾患、腎疾患、脳血管疾患、リューマチなどが口腔内細菌で重篤化すると言う結果でした。博士の仕事は重篤な病気を発症している人の歯をネズミの皮下に埋め込むと、ネズミが同じ病気になって死んでいくというものでしたが、普通の歯周病菌をネズミに埋めてもその病気が発症しないといって忘れ去られて行ったのです。今回の研究はミュータンス菌の中でも特定の菌株が病気と関連するという結果なので、Price博士の研究は正しかったことになるのです。

 「虫歯の原因となる「ミュータンス菌」が、脳出血の発症にも関与していることを国立循環器病研究センター(大阪府)や京都府立医大、大阪大のチームが突き止め、英科学誌電子版に6日までに発表した。」そうです。
歯科医師や歯科衛生士からきちんと歯ブラシの使い方を習得して、定期的に口腔内メンテナンスをしてもらうことが、重篤な脳出血に対する予防につながるということです。
原著は2016年2月5日の
nature reportsに公開されています。

Intracerebral hemorrhage and deep microbleeds associated with cnm-positive Streptococcus mutans; a hospital cohort study

 先行する大阪大学歯学部でのネズミの実験でもそのことが証明されています。脳溢血は虫歯菌で極度に悪くなるのです。こちらは、2011年11月27日のnature communicationsに公開されています。

The collagen-binding protein of Streptococcus mutans is involved in haemorrhagic stroke

インフルエンザ予防には口腔ケアが効果的 その2

インフルエンザ予防には口腔ケアが効果的と書きましたが、学校歯科においても口腔ケアの結果が出ています。
杉並区内の2つの小学校で給食後の歯磨き指導をしたところ、新型インフルエンザの学級閉鎖率は平均45%だった。他の区立小学校41校の平均約80%に比べて大幅に少ない結果だった。
このことからも、口腔ケアがインフルエンザ予防に効果的だった事が分かります。
皆さん、インフルエンザの季節にはお医者さんでワクチンを打ってもらうだけでなく、歯医者さんでで口腔ケアを習いませんか。


インフルエンザ予防には口腔ケアが効果的

インフルケア
 インフルエンザの予防にはワクチンが効くとされています。その効果はタイプによって違いますが70%位の効果があるとされています。
 実は、インフルエンザの予防には口腔ケアが大変重要であることが分かってきました。


65歳以上のデイケアに通う在宅介護高齢者190人について、
■「口腔ケア群」(98名):歯科衛生士が口腔ケアと集団口腔衛生指導を1週間に1回実施したグループ。
■「対照群」(92名):普段通り本人及び介護者による口腔ケアをしたグループ。 
にわけて調べた結果。


*口腔ケアをしたグループのインフルエンザ罹患率は約十分の一に抑えられたそうです。
 インフルエンザの予防には口腔ケアですね。ワクチンの効かないインフルエンザの時にも口腔ケアは効果があります。風邪を引いたなと思ったら、十分に休養をとり、普段よりしっかりと歯磨きしましょう。


歯科の豆知識などを追加していく予定です。

徳岡デンタルクリニック 072-749-0501

モバイルサイト

徳岡デンタルクリニックスマホサイトQRコード

徳岡デンタルクリニックモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

徳岡デンタルクリニック 072-749-0501